歩き方と外反母趾

おはようございます!

 

突然ですか、自分の歩き方って考えたことありますか?

 

赤ちゃんは1歳~2歳の間に歩けるようになるといわれています。

それも誰かに教わることなく、親が歩いているのを見よう見まねで歩きだします。

 

ここで「自分の歩き方は正しい」って自信をもって

言える人って少ないんじゃないですか?

 

誰かに正しい歩き方について勉強したり、教わった経験がある人

じゃないかぎり難しいですよね。

 

歩き方が間違っていると身体のいろいろな部位に

負担をかけてしまいます。足の裏は体を支えている言わば

土台なので歩き方の影響を受けやすくなっています。

 

なので間違った歩き方や体の使い方の結果、

外反母趾になってしまうのです。

 

その歩き方本当に大丈夫ですか?

 

理学療法士 根本

サンダルの季節ですね

おはようございます!

 

最近は急に暑くなって夏が近づいている感じがします。

 

履き物もスニーカーやパンプスより涼しく風通しの

良いサンダルが履きたくなりますよね。

 

でも、

外反母趾で足を出すのが嫌!」

 

「可愛いサンダルが痛くて履けない!」

そんな方いませんか?

 
そんな方々に朗報です!
 
外反母趾になるのには歩き方に原因があるのです。
つまりは、その原因を取り除けば外反母趾は改善します。
 
外反母趾の治療には手術や矯正などが一般的ですが、
一時的に治っても、再発してしまう例がほとんどなんです。
 
手術や矯正は

原因に対しての治療ではない

なので当然再発しやすくなります。
 
 

外反母趾の治療は

手術や矯正だけじゃない。

 
 
 
 
理学療法士 根本
 

己の痛みは己で治す

こんにちは!

 

 体の不調に苦しんでいませんか?

 

自分の体は正直です。

 

 

骨・筋肉・腱はブロックを積み上げるのと同じです。

一か所でも崩れると全部崩れます。

 

人間の構造上、その崩れを支えていますが、実は体の下の部分から順番に支えているのです。

 

足裏、足の指、足首、膝、股関節・・・・首の順番です。

 

ですから、単なる肩こりでも、肩ではなく足の裏から診ていかなければ原因がわかりません。

 

病院で治療を受けても、自分自身の日々の意識が大切とも言えます。

 

一度崩れた体を元に戻すには、知識豊富で優秀な先生と二人三脚で

コツコツ地道な努力の末に完治するものです

 

 

 

まさに、日本古来の「道」とつくものと似ています。

 

剣道、書道、華道などいきなりは上達しません。師匠と一緒に修行の道です。

 

 

リハビリも同様、矯正しても治療してもまた、同じ痛みを引き起こします。

 

治療→自己意識→治療→自己意識→治療→・・・・・・完治

 

 

そう、修行なのです・・・・・。