ナチュラルキラー(NK)細胞とは

ナチュラル・キラー(natural killer; NK)細胞は、文字どおり生まれつきの殺し屋で全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃するリンパ球です。

生まれながらに備わっているからだの防衛機構である自然免疫に重要な役割を担うと考えられています。

NK細胞は血液中に存在するリンパ球の10~30%を占め、パーフォリン(標的細胞の細胞膜に孔を開けるタンパク)、グランザイム(標的細胞に細胞死を誘導する一群のセリンプロテアーゼ)などの細胞傷害因子を持っています。

また、NK細胞には活性化型レセプターと抑制型レセプターという2種類のアンテナが備わっています。NK細胞が、ウイルス感染細胞やがん細胞と出会うと活性化型レセプターからのシグナルが入って相手を攻撃します。これに対し、NK細胞が正常細胞と出会うと抑制型レセプターからのシグナルが優勢となり正常細胞を攻撃することはありません。

 

次回予告>>>

免疫力をアップさせるには

免疫力を向上させるには「自然免疫」が重要となります。

自然免疫とは侵入した異物を迅速に認識して貪食し、さらに感染した細胞を破壊して排除することです。

自然免疫を担当する細胞は、顆粒球、マクロファージ、樹状細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)等です。

 

つまりはこれらの細胞を活性化することで免疫力が向上し、ウイルスなどの異物に対して抵抗力が増加するのです。

 

次回予告>>>ナチュラルキラー細胞について