腹水ろ過濃縮再静注法(CART療法)

 CARTとは、Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy: 腹水ろ過濃縮再静注法の略で、肝硬変や癌などによって貯まった腹水をろ過濃縮して、癌細胞や細菌を除去し、アルブミンなどの有用なタンパク成分を回収する治療法です。保険適応の治療となります。

対象となる方

・肝硬変に伴う腹水を生じている方。
・利尿薬によるコントロールが困難な方。
・がんにより腹水を生じている方。

 CARTでは、自分自身の腹水に含まれるアルブミンを濃縮し再び自分の体内に戻すので、腹水を抜くことによるアルブミンの喪失を防げます。さらに、人の血液から精製されるアルブミン製剤と異なり、自分自身のものであるので、ウイルス感染やアレルギー症状を起こす可能性も極めて低くなります。また、比較的大量に腹水を除水することができるので、早期に腹部膨満による苦痛が軽減され、食事摂取可能となることもあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加