免疫療法

 現在、一般的に行われているがん治療は、外科治療(手術)、化学療法(分 子標的薬を含む抗がん剤による治療)、放射線治療の3つで、これらを総称して三大がん治療といわれています。この三大がん治療に加えて、近年“第4のがん治療”として注目されているのが免疫療法です。免疫とは、体の中に侵入した異物を排除するために、誰もが生まれながらに備えている能力です。 こ の免疫に関与する複数種の免疫細胞の能力を使い、がん治療を行なっていきます。

免疫療法の仕組み (ワクチンの主軸となる樹状細胞)

 本来がん細胞は体内では異物として認識されますが、中には異物として認識されないまま体内に流れていくものもあります。これらの異物を免疫細胞の 主軸とする樹状細胞を使い複数の免疫細胞(リンパ球・NK細胞 等)に認識させ、ピンポイントでがん細胞を攻撃していく治療方法です。

当院の免疫療法の方法

①がん細胞を攻撃する免疫細胞を増強する免疫療法。
②がん細胞の反撃を阻止する免疫療法。

①の免疫療法は、例えば「樹状細胞 ワクチン」や「活性NK細胞療法」などのように、がん細胞を攻撃する 免疫細胞を大量に活性化させるものです。
②の免疫療法は、「免疫チェックポ イント阻害剤」と呼ばれる抗体薬を 使い、がん細胞や抗原提示細胞によ って免疫細胞にかけられたブレーキ を解除したり、ブレーキをかけられないようにしたりして、免疫細胞の 活性化を損なわないようにさせるものです。

 当院では1回のワクチン生成に、患者さまの血液を50ml採取し、単球という細胞を分離し、増殖させてから大量の樹状細胞を培養していきます。そこに、患者さまご自身のがん組織や人工抗原(長鎖ペプチド)でがん抗原を取り込ませ培養していくことで、多価樹状細胞ワクチンを完成させます。それをがん患部に関連したリンパ節近くに皮内注射して、キラーT細胞に加え、ヘルパーT細胞にがんの目印の情報を伝え、がん細胞を攻撃させます。1クールの治療期間は3ヶ月となります。基準治療工程は、2週間毎に採血とワクチンの投与で、計6回を推奨しています。お体の状況に合わせて医師と御相談いただけます。


このエントリーをはてなブックマークに追加